FC2ブログ
2008.10.11

じゃがいもニョッキ

a 004
女性に大人気のニョッキ。上の写真は裏ごししたじゃが芋に小麦粉を軽く混ぜ合わせたところです。
ニョッキを作るときのポイントは唯一つ、粘りを出さないこと。
イモモチのようなもっちもっちな食感はNGで、一口目は噛み応えがありつつも口の中で溶け崩れるような食感が僕の理想形。
その為に「熱っ、熱っ!」と言いながらゆでたじゃが芋の皮をむき、粘りを出さないように裏ごしし小麦粉を混ぜるまで一気にやりとげます。混ぜるときは全体が均一になるように混ぜ合わす感じで、絶対生地を練っては駄目。混ぜ終わったときにまだ火傷しそうなくらい生地が熱ければ上出来です。
a 005
その後は生地を適当に分割して棒状に伸ばし一口大にカット。フォークの腹で筋をつけて完成です。
2枚目の写真は完成したところ。
チーズなどは加えずに、じゃが芋と小麦粉・塩だけで作った素朴な味わいを楽しんで頂きます。
a 004
女性に人気のあるニョッキ。上の写真は裏ごしたじゃがいもに小麦粉を軽く混ぜたところです。
ニョッキを作るポイントは唯一つ、粘り気を出さないことに尽きます。
イモモチのようにもっちもっちした食感はNGで、最初の一噛みは歯ごたえがありつつ、その後口の中で溶け崩れるようなのが僕の理想形。
その為に「熱っ、熱っ!」と言いながら、じゃがいもの皮をむき、粘りを出さないように裏ごしし小麦粉を混ぜるところまでを一気に行います。
小麦粉を混ぜるときは全体が均一になるように混ぜ合わす感じで決して捏ねてはいけません。
この段階まで終わって、まだ生地が焼けどしそうなくらい熱ければ上出来です。
この後は生地を適当に分割して棒状に伸ばし、親指の先くらいの大きさにカット。フォークの腹で溝をつけて完成。
a 005
2枚目は完成したニョッキ。パルミジャーノチーズなどは入れず、じゃが芋と塩・小麦粉だけで作り素朴なじゃが芋の風味を味わっていただきます。
スポンサーサイト



この記事へのトラックバックURL
http://hikariyurari.blog7.fc2.com/tb.php/6-31367957
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ディマーレのニョッキを思い出しました・・^^
確かにとろっとした感触で、いももちとは違うと思ったことを思い出しました。
ke*はニョッキ成功した試しが一度もなし・・お湯の中でのびちゃうの^^;柔らかすぎるのかな。
いつも分量は適当だからしょうがないんだけど。
Posted by ke* at 2008.10.12 22:40 | 編集
じゃが芋はメークインを使って、皮が一部自然にめくれ上がるくらいまでしっかり茹で(茹で方が変わると含有水分量がかわるので)、裏ごししたじゃが芋の重さの約1/3の強力粉をあわせるといいよ。
実際は最後に触感で微調整はするけど、大体こんな感じで作れば失敗はしないんじゃないかな。
Posted by hikari-yurari at 2008.10.13 14:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する